MENU

∧ TOP

Meets by Arts@ATAMI とは?

実際に現場の第一線で活躍している方々を講師に招き、アートプロジェクトを初める前の「最初の一歩」を学ぶため、実際にアートプロジェクトの実現が可能な会場を題材として、2回の合宿(1 日目は日帰りの参加も可能です)でプロジェクトの企画を学びます。

私たちMeets by Arts が考える「アート」とは、多様な人たちをつなぎ、価値観や固定概念を超えてコミュニケーションの幅を拡げるもの。アートが「文化も背景も価値観も違う人たちのつなぎ役となる」という視点を学ぶことで、自身の取り組みや事業、プロジェクトに生かして欲しいと考えています。

参加者の取り組みの後押しをするとともに、アートがあるまちは、寛容で多様性が高い証だと考えるからこそ、ここ熱海から持続可能なアートプロジェクトを企画・運営できる人材を育成することを目指して、本スクールを開講しました。


一般社団法人ミーツ・バイ・アーツ
代表理事 戸井田雄

熊谷 薫

アートマネージャー/コンサルタント

 MbA@ATAMIのスクールプログラムに2年間関わりましたが、それ自体がアートプロジェクトのようだ、と感じながら伴走させていただきました。というのも、アートプロジェクト自体がとても流動的なものですから、その立ち上げ方や、続け方の方法論が体系化されているわけではないからです。実際、受講生も多様な人たちで、スクールとして伝えたいことを踏まえつつも、参加者のニーズや個性によりそい、プログラム自体を対話をと教え変えながら、講師も事務局も必死で作り上げたという気持ちがあります。地域の中で実施されるアートプロジェクトは、面白いアートであることに加え、様々なステークホルダーと調整しながら、より良い形を探る必要があります。色々と思うようにいかないからこそ、自分がやりたいことを信じて、なんとかして実施するしかありません。あいまいで、多様なアートプロジェクトのあり方を、少しでも受講生の方たちに感じてもらえたなら、幸いだと思います。

 MbAの皆さんは、しなやかで、いろいろなアイデアを受け止め、地域へつなげる力がとっても強いと思います。単純にアートをやるということよりも、受講生の個性を受け止め、その底力に寄り添い、開かせるパワーがあるなと思います。これからも、どんどん熱海でアートを通して、豊かなコミュニティを育んでください。私もまた、企画を持ち込んだりしつつ、一緒にできることを探りたいなと思います。そうそう、私の専門は評価や戦略をねることのお手伝いですから、また次のステップを考える時にご一緒できたらと思います。

平井 宏典

和光大学経済経営学部 准教授/博士(経営学)

 最初にアートプロジェクトの講師をしないかというお話をいただいた時に、「難しそうだな」と同時に「楽しそうだな」と感じました。難しそうだと思ったのはアートプロジェクトの多様性にあります。アートプロジェクトは千差万別で、その方法論はまだ体系化されてはいません。こうすればできるというのを教えるのは難しいどころか私が知りたいぐらいです。

 では、なぜ講師をすることになったのかというと「熱海」という場の魅力と合宿という形態です。熱海は少子超高齢や空き家率の増加といった日本全体が抱える社会的課題の先端を走っていると同時に、近年は都心から近い温泉地として往時の人気を取り戻したかのように観光客で賑わっている稀有な場です。紙幅が限られているここで熱海の魅力を語り尽くすことはできませんが、地域でアートプロジェクトを学ぶという時に、ここまで魅力的な場というのもあまりないのではないか。その熱海で合宿で学ぶ。これは受講生だけではなく講師にとっても魅力的だと言えます。

 そして、何よりもプログラムです。MbA@ATAMIのプログラムは、自分が企画者となってアートプロジェクトを考えます。しかも、その企画は本人がその気になれば実現できる場や人とつながれるように設計されています。ここまで段取りされているスクールはなかなかないのではないでしょうか。アートプロジェクトは、地域と向き合い、本当に自分が成し遂げたいことを問い続けるプロセスが必要不可欠です。架空の企画を机上で考えるのではなく、合宿という形で地域に入り、実際に関係する人に会い、現場に立ち、真剣に考える。このプロセスに講師として一緒に伴走するという形であれば私にも教える余地、というよりも共に学び成長できる可能性があると思い、いまMbA@ATAMIの講師として一緒に頑張っていきたいと考えています。

 現在、日本各地で多くのアートプロジェクトが展開されています。ボランティアなどでその活動に関わることができるかもしれませんが、実は主体的にアートプロジェクトの運営側になるというチャネルはそんなに多くないと感じています。そのような現状においてMbA@ATAMIのプログラムは、様々な形で主体的にアートに関わる人を増やしていけるものだと感じています。ここから多くの仲間が様々な地域に飛び立っていくことを期待しています。

講師との「対話」による企画学習を重視するカリキュラム

第一線で活躍している講師の方々からの学びを、レクチャーを軸とするのではなく、クロストークや個別の対話を重視するカリキュラムとなっています。もちろん、レクチャーの時間も確保しておりますが、不特定多数へ語りかける一般論ではなく、個別の具体的なアドバイスや事例紹介を全体で共有する事で、より実践的な学びとプロジェクト実現へのサポートを実施します。

アートプロジェクトの実現を視野に入れている会場で企画する

熱海の特徴として、ここ数年で様々なアートプロジェクトが動いおり、今回はそんな熱海の中で、これから具体的にアートプロジェクトを実施しようと考えている2つのスペースにテーマオーナーとなっていただき、その場での実施を想定した企画を短期集中で考えていただき、実現の可能性が高い企画は、その後もMeets by Arts がサポートを行いながら、企画の実現までを支援します。

  • 2018 年度「Arts Project school@ATAMI」

    2017 年に開催されたATAMI2030会議をきっかけに(一社)コマンドN の協力によってスクールが実現。 熱海の宿泊施設を活用したホテル型のアートフェアの実現に向けて、熱海に実存する3 つの宿泊施設での企画立案を題材としたスクールを開催した。

    開催日時
    2018.11.23(金・祝)- 25(日)
    ※10月20日(土)にオリエンテーションと事前ワークショップを開催。

    会場
    naedoco atami collaboration workplace ほか

    講義内容
    豪華講師のレクチャーに加え、4つのチームに別れ各々のチームに充てがわれる《実在する熱海のサイト(敷地・会場)》で、どのようなプログラムが実現可能かを3日間で考え、最終日の公開プレゼンテーションで企画の発表を行います。プログラムは単なる企画提案だけではなく、実現するための事業計画、集客するための広報計画、実現するための運営体制までを具体的に考える事で、実践的にプログラムの作り方を学びます。

    講師
    中村 政人 氏(アーティスト/3331 Arts Chiyoda統括ディレクター/東京藝術大学教授)
    小野 裕之 氏(greenz.jp ビジネスアドバイザー)
    森 裕一 氏(MORI YU GALLERY代表/ART OSAKA 、AIPHT実行委員長)
    山崎 亮 氏(コミュニティデザイナー)
    市来 広一郎 氏(NPO法人atamista代表理事/株式会社machimori代表取締役)

    定員
    約20名

    主催
    NPO 法人 atamista

    共催
    混流温泉株式会社、一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN、静岡県文化プログラム推進委員会

    後援
    熱海市、熱海市教育委員会、熱海市観光協会

       

  • 2019 年度「Meets by Arts@ATAMI」

    新型コロナウィルス感染症の影響もあり、オンラインでの開催となった。熱海の宿泊施設を活用したホテル型のアートフェアの実現に向けて、熱海に実存する3つの宿泊施設での企画立案を題材としたスクールを開催した。

    開催日時
    合宿①:2019年12月14日(土)~12月15日(日)
    __オリエンテーション、持ち込み企画の提案、レクチャー、懇親会、ほか
    合宿②:2019年12月16日(月)~2020年1月31日(金)(チームごとに1~2日間で設定)
    __リサーチ
    合宿③:2020年2月1日(土)~2020年2月2日(日)
    __グループワーク、中間発表、最終プレゼン、シンポジウム

    会場
    Atelier&Hostel ナギサウラ ほか

    講義内容
    豪華講師のレクチャーに加え、4つのチームに別れ各々のチームに充てがわれる《実在する熱海のサイト(敷地・会場)》で、どのよう なプログラムが実現可能かを3日間で考え、最終日の公開プレゼンテーションで企画の発表を行います。
    プログラムは単なる企画提案だけではなく、実現するための事業計画、集客するための広報計画、実現するための運営体制までを具体的 に考える事で、実践的にプログラムの作り方を学びます。

    メンター講師
    熊谷 薫 氏(アートマネージャー/コンサルタント)
    平井 宏典 氏(和光大学経済経営学部 准教授/博士(経営学)/真鶴まちなーれディレクター)

    12月15日レクチャー・講師
    永田 雅之 氏(一般社団法人 熱海怪獣映画祭代表理事/映像ディレクター)

    2月2日シンポジウム・ゲスト
    芹沢 高志 氏(都市・地域計画家 / アートディレクター / P3 art and environment 統括ディレクター)
    加藤 種男 氏(静岡県文化プログラム チーフ・オペレーティング・ディレクター)

    参加人数
    12名

    主催
    Meets by Arts@ATAM 実行委員会

    支援
    静岡県文化プログラム推進委員会

    協力
    混流温泉株式会社、熱海市

       

  • 2020 年度「Meets by Arts@ATAMI」

    新型コロナウィルス感染症の影響もあり、オンラインでの開催となった。熱海の宿泊施設を活用したホテル型のアートフェアの実現に向けて、熱海に実存する3 つの宿泊施設での企画立案を題材としたスクール を開催した。

    開催日時
    事前学習期間:2020年11月19日(木)~12月3日(木)
    合宿❶:2020 年12月5日(土)
    自主ワーク期間:2020年12月6日(日)~2021年1月8日(金)
    合宿❷:2021年1月9日(土)~1月11日(月)

    会場
    Atelier&Hostel ナギサウラ ほか

    講義内容
    豪華講師のレクチャーに加え、4つのチームに別れ各々のチームに充てがわれる《実在する熱海のサイト(敷地・会場)》で、どのよう なプログラムが実現可能かを3日間で考え、最終日の公開プレゼンテーションで企画の発表を行います。
    プログラムは単なる企画提案だけではなく、実現するための事業計画、集客するための広報計画、実現するための運営体制までを具体的に考える事で、実践的にプログラムの作り方を学びます。

    講師
    熊谷 薫 氏(アートマネージャー/コンサルタント)
    平井 宏典 氏(和光大学経済経営学部 准教授/博士(経営学)/真鶴まちなーれディレクター)

    参加人数
    9名

    主催
    一般社団法人ミーツ・バイ・アーツ

    支援
    静岡県文化プログラム推進委員会
    静岡県文化プログラム推進委員会は、「地域とアートが共鳴する」をテーマに、オリンピック憲章で定められた文化プログラムを進めています。文化・芸術による地域活動の振興を目指し、様々な団体等との協働による多彩なプログラムに取り組みます。

    協力
    混流温泉株式会社、熱海市

      

2018年度受講

永田 雅之

映像プロデューサー・ディレクター。東京・世田谷から4年前に熱海移住。現在、熱海市動画アドバイザー。撮影では、360 度映像や、ドローンなども行う。一般社団法人 熱海怪獣映画祭 代表理事、あたみ着物まち歩き代表。熱海銀座にてレンタルスタジオ「スナックあた美」運営。短編映画「熱海モンスター」を2021 年に制作。街歩きを題材とした謎解きゲームの制作も行う。

  • 熱海でクリエーターが集まってくるようなイベントをしたいという思いから参加しました。
    プログラムでは、講師陣が著名で多岐にわたり魅力的なことと、熱海の現場を活用した講義内容に惹かれました。
    現在、熱海怪獣映画祭の代表をしているのですが、地域とのつながり、アートを活用した視点などを、本プログラムを通して得られたと感じています。
    引き続き、熱海に多くのクリエーター、アーティストが集まり、芸術発信の場として広がりを見せつ活動をしていきたいと思っています。

2019年度受講

芹澤 亜由美

  • 自身のスキルとやりたいことを、どうしたら熱海で実現出来るか考える場が欲しいと思って、このスクールを受講しました。
    具体的には、熱海をどんなまちか、熱海で何ができるのかが知りたかったのと、面白い人と繋がれればと思っていました。
    2019年度に受講生として参加して、2020年にはスタッフとして関わりましたが、企画を0からつくる作り方、企画をたてるところの大変さを知ると同時に、「まずなにをしたらいいのか」という、着手する最初の一歩がみえたのは大きな学びでした。
    今後は、2020年度のサイトオーナーでもあった松本さんのギャラリーのレセプションでの展示も決まっており、熱海で作家としての活動もしてみたいと思っています!!

2020年度受講

越山 昌美

早稲田大学国語国文学専攻科修了後サントリー美術館に4年間勤務。その後日本女子大学家政学研究科で児童文化(絵巻物から絵本への変遷史)を専攻し修士号取得。以後、出版社勤務などを経て、フリーランス編集者および図書館司書として活動中。

  • 私自身が学芸アシスタント&広報担当として美術館に勤務していたのが1980年代だったので、その後日本で広がっていったアートイベントの仕組みや成り立ちについて知りたいと長年思っていました。MbA の初年度から参加したかったのですが、一年で最も多忙な時期の開催だったので、毎回迷いつつも諦めておりました。第3回目にあたる今回は、本業の機内誌編集の仕事がコロナ禍で激減していたので、ようやく参加できました。

    プログラムでもっとも大変だったのが、企画の“芯”を突き詰めていく作業でした。雑誌媒体で編集職を長年務めてきた自分は、ひとつのテーマを多面的に捉えて構成していくことには慣れていました。が、テーマをひとつに絞り込み、「なぜ」をとことん詰めていくという過程には、哲学的な考察が必要で、それが苦手であり、かつ今の自分に必要なことだと自覚できたことは大きな収穫でした。

    講師とのやりとりで、自分の考えやこだわりを明らかにしていきながら、リサーチの過程で、アーティストたちの作品への思いを探っていくことで、普段活性化されていない脳の部分が大いに刺激されました。クライアントのいる仕事で相手の要望をページにしていくことは得意でしたが、そのなかに、自分のこだわりや「好き」を少しでも表現していくことの重要性に改めて気づかされました。プログラム最終日の翌日に書いた原稿に、普段とは違い、ほんの少しですが私なりの時というものに対する哲学的な思考を取り入れて表現してみたところ、思いがけずクライアントからお褒めの言葉を承り、驚きました。

    今後は、2拠点居住の地となる熱海を舞台に、アートイベントを企画・実施することを目標に具体的な行動を起こしていきたいと思っています。また併せてその過程を自身が発信していくことにより、少しでも熱海という町の懐が深くなり、魅力が増していくことに貢献できればと思っています。

今後の活動

ミーツ・バイ・アーツは今後はイベントとしてのスクールは一旦お休みにして、過去の受講生の企画の実現のサポートや、熱海でアートプロジェクトの実施の補助を中心に活動を予定しております。

既に過去の受講生から実施に向けて動き始めているとの連絡も受けており、そういった活動と地域を結びながら、プロジェクトが実現されるタイミングで賛同者を募りながら、プロジェクトに一緒に関わりながら現地で学ぶ形のプログラムが実施出来ればと考えております。

こんな人、ご連絡ください!!

・熱海でアートプロジェクトやイベントを実施したい方
・熱海でアートプロジェクトやイベントの実施を学びたい方
・熱海でアートプロジェクトやイベントを実施したい場所の運営者の方

ぜひ熱海の活動に加わっていただければ嬉しいです!!